中野家雑煮はこんな感じでおます。

雑煮です。

生まれてこの方福岡なんで、基本的には博多雑煮になるんでしょうけど、

中野家の雑煮には何故か玉子焼きが入ります。

具は鶏肉・ブリ・人参・里芋・紅白かまぼこ・かつお菜・餅・玉子焼きって感じですね。

出汁は焼アゴといりこと昆布で採りますが、鰹節は使いません。

これに軽く塩と醤油で、風味付けと味付けして食べますね。

たらふく飲んだ次の日の朝にしっとりと飲みたい感じの味にしています。

【材料】

具材:鶏肉・ブリ・人参・里芋・紅白かまぼこ・かつお菜・餅・玉子焼き・後はスルメや蕪の薄切り(餅の下に敷くのにね)が入ったりします

出汁:焼アゴといりこと昆布

【作り方】

かつお菜以外の材料は全て下処理しておきます。

玉子焼きは出汁巻きだったり、普通のだったりしますが、大体出し巻きが多いです。

ブリは塩を振って臭みを抜いた後に、流水で余分な臭みを流した後、軽く塩を振って塩焼きに、

鶏肉は一口大に切ってから、下茹でして臭みと余分な脂を取り除きます。

里芋も皮を剥いて酢水にさらした後、柔らかくなるまで煮ておきます。

人参は好みによりますが、飾り切りなどをした後に、薄く切ってコレも下茹でしておきます。

大体このくらいで下処理は終わりです。

かつお菜は洗って食べやすい大きさに切っておくだけですね。かつお菜は味が出るのでこのまま使うんです。

で吸い地作ります。

鍋に水を張り、焼アゴといりこと昆布を一晩つけておきます。

昆布は周りが泡立ってきたら取り出して、その他は沸騰直前までいったら弱火にし、

丁寧にアクを取ったあと、ザルなどで漉して出汁殻を取り除きます。

ここで軽く塩・醤油で味を調えておきます。

で具材ぶちこみます。かつお菜がヘナヘナになったら出来上がりですので、

その時に最終的な味見をして、足りない味を補ったら、

器に盛って、出来上がり。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。