俺様ラーメンVer.1の作り方(白濁鶏がらベース)

久々にラーメン作ってみました。

生麺じゃないのが悔やまれますが、まぁそこはこよなく愛するマルタイ棒ラーメンで代用します。

基本鶏がらベースで、煮豚の煮汁と、焼アゴを加えたスープに、

煮た豚を漬け込んでおいた醤油ダレ(ネギ・生姜・にんにく・酒・醤油がベースです)や、

塩などで味付けをしたシンプルなラーメンですね。

あとは、豚を煮た時に出るラードと鶏油を作って油の具合を調節します。

まぁ、自分の好みのラーメン屋さんに食べに行ったほうが早いし安いし美味いのは内緒です(`┏Д┓´)

今はネットで美味そうな豚のゲンコツや背骨や背油なんかも買えるっぽいので、

今度ド豚骨作ってみたいと思います。そん時は製麺屋さんで生麺注文しようかな。

やべぇ、テンション超上がるw

【材料】

鶏油:鶏皮のみで作りました。

スープ:鶏がら・豚の煮汁・焼アゴで取った出汁・にんにく・生姜

麺:マルタイ棒ラーメンの麺

叉焼:豚バラ肉・酒・生姜・にんにく・ネギ(青い部分)

味付け:塩・叉焼作った時の醤油ダレ

【作り方】

まずベースとなる鶏がらの下処理ですが、まず塩を振ってしばらく放置して、水洗いします。水洗いは血や汚れが出なくなるまで繰り返します。

鶏がらは一羽ごとの場合は別なんですが、スーパーなんかだとパック売りだと思うので、出来れば色々な部分が入ってる方が良いです。

ちょっと勿体ないけど手羽先なんかを使ったりしても美味しいのが出来上がりますね。いや、だいぶ勿体無いなw

水洗いが終わったらザルなどに上げておきます。

使う鶏がらの部位によりますが、内蔵が入っていた胴体の部分には、こういう感じで残ってる場合があるので、そこは取り除いておきます。

んで、臭み抜きに下茹でしてからザルに上げ、圧力鍋に下処理した鶏がら・水・生姜・にんにく・ネギの青い部分を入れて30分ほど加圧していきます。

加圧しただけでは、肉からの味はだいぶ出てるんですが、髄・軟骨の部分のエキスが出ていないので、更に煮込んでいきます。

うちの圧力鍋は小さいので、大きな鍋に移してから、作っておいたアゴ出汁を加えて煮込みました。

大体半量になるくらいまでですかね。肉をバラバラにしながら強火がガンガン煮込みます。強火で煮込むのは白濁させたいからですね。

白濁させたくないのなら沸騰させないで煮ていけば大丈夫です。

で、こんな感じでベースのスープは出来上がり。冷やしたら固まるコラーゲンプリプリのスープです。

で、叉焼ってか煮豚ですが、普通タコ糸で縛って整形して作るもんですが、圧力鍋を使いましたからそんなに長時間煮込むもんでもないので、表面を焼き固めてそのまま煮ました。水・酒・生姜・ネギ(青い部分ね)・にんにくのみで煮ています。加圧は10分程度ですね。

で、こんな感じです。

冷えてから切ると切りやすいです。

塊のまま漬け込むのが普通なんですが、今回は切り分けてから漬け込んでみました。

でこんな具合ですね。

ちなみにご飯に載せて食べても美味しいです。

んで、鶏油の作り方ですけども、これも焼いたり蒸したり煮たりとかで色々作り方があるみたいです。

うちでは嫁さんが鶏皮嫌いなので、鶏肉を使う料理の場合は取り除いて冷凍保存しますんでそれを使ってます。

今回はじっくり焼いて油を出しました。

焼くと香ばしさが残りすぎる気がしますし、ちょっとくどい気もするんで今度は蒸して作ってみようと思います。

ネギ・生姜・にんにくなどと一緒に蒸すのが基本らしいです。

で冷えるとこんな感じになります。

これは炒飯とか炒めものとかスープとか色々使えるので、気が向いたときにでも作っておくと便利です。

これで、準備が整いましたんでラーメン作っていきます。

嫁さんのは醤油ダレを入れて叉焼をあぶった感じのラーメンです。

煮卵と加圧5分で作った叉焼です。部位の具合で脂身具合が変わりますね。

こんな感じです。まぁこれはつけ麺食べた時に作ったヤツなんですけどねw

俺のは塩のみで味付けしたにんにく入りラーメンです。

薬味ぶち込み食します。

スープと油の具合はこんな感じ。

で、基本の替え玉です。麺も自作できると良いんですけどねー。いい加減パスタマシン買おうかなぁ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。