おでんの作り方

おでんですね。

この時期おでんと熱燗&焼酎お湯割りでウマーな訳ですが、

おでんの具も色々好みで入れれるので良いですよね。

うちの場合、

きんちゃく・大根・玉子・赤目芋(サトイモ系)・大根・厚揚げ・がんも・ちくわ・こんにゃく・肉団子・丸天

が大体入ります。あとは鶏肉とか牛スジ入れたりしますかね。

【材料】

●出汁

昆布・鰹節・いりこ・醤油・酒・みりん

●具

きんちゃく・大根・玉子・赤目芋・大根・厚揚げ・がんも・ちくわ・こんにゃく・肉団子・丸天

【作り方】

大根を面取りして十字に切り込みを入れた後で、米のとぎ汁(なければお米)で下茹でします。

下茹でが完了したら、ザルなどの上でしばらく冷やします。

これは「おかあげ」っていう日本料理の技法だそうでして、

こうする事で、大根の中の水分が蒸発して、大根がスポンジ状態になるので、出汁をたっぷり吸ってくれるんですね。

これやるとやらないのでは全然違うので時間あったらやってみてください。

で、俺的にはおでんのメインである卵ですね。固ゆでにして皮剥いておくだけですけど。

厚揚げは自作します。豆腐を水切りして油で揚げるだけです。

ちなみにがんもどきも自作です。

がんもは豆腐をしっかり水切りしてから裏ごしして、きくらげ・ひじき・銀杏・にんじん・ネギなど好みの具と混ぜ合わせ、

小麦粉・溶き卵・塩を入れてしっかりと練り成形して油で揚げます。火加減は中火で160度くらいかな?

すった山芋を入れても良いかもしれないです。

で油抜きします。

餅きんちゃくは、油抜きした油揚げの上部分だけを切って開いて袋にして、

餅を適量入れて、かんぴょうで結びます。ちなみにこの餅はうちの娘の餅ふみの時の餅です。

餅ふみの時に1歳より前に歩いた子は、餅を風呂敷に包んで背負わせて、成長後に親元から遠くにいかないようにするんですが、

うちの娘は一升の餅を担いで歩き回ってしまいましたw 普通こけるらしいんですけどね。

で全ての具が出来たらコトコトと80度くらいで煮込んでいきます。

で、程よく味が染みたら出来上がりですね。

左が赤目芋、右が厚揚げです。

赤目芋粘り気があって美味しいですよねー。味も濃いし。

で、まぁこういう感じで出来上がり。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。