広島風お好み焼きの作り方

広島風のお好み焼きですね。重ね焼万歳です。

中学生の時に初めて食べたんですが、こんなお好み焼きがあるのかと感動した気がします。

まぁ、俺の地元にある「おたふく」っていうお店なんですけどね。友達と良く行ってましたよ。

慣れればなんてことなく作れるので、試してみたい方は是非どうぞ。

【材料】

キャベツ・もやし・豚バラ肉・天かす・やきそば麺・卵・鰹節

薄力粉100g・水200cc(粉と水の分量は目安なので好みで調節してください)

【作り方】

キャベツは細切り(もしくは千切り)にしておきます。↑のキャベツの幅が広いのは太めに切ってみたかっただけですw

鉄板じゃなくてホットプレートで焼きますが、そんなに大きくないし、広島風は結構場所を使うので、

やきそば麺は水でほぐして、別のフライパンで炒めて、ソースと塩・コショウで味をつけておきます。

で小麦粉と水をよーく混ぜて作った生地に粉かつお(鰹節の粉末)を入れ、好みでめんつゆなどを入れます。

それをお玉(味噌汁なんかで使うやつね)にすくい、160~170℃あたりに熱したプレートの上にのせて円形な感じで適当に広げます。

ちなみに俺の場合、油は引きません。そこに鰹節を載せて生地の表面が乾くまで待ちます。

生地の表面が乾いたら、キャベツ・もやしをどっさり載せて、天かす・ネギなどを散らし、

豚バラ肉のスライスをまんべんなく載せます。この時に、全体をつなぐ為に生地を豚肉の上から全体に注ぎます。

で焼けてくると、下に引いた生地の端が反り返ってきますんで、そういう状態になりましたらば、

さくっとひっくり返します。

慣れないとやりにくいかもですが、奥から手前にひっくりかえすような感じで勢い良くやるとやりやすいです。

で、しばらく放置して蒸し焼きにします。

蒸し焼きにすると野菜に火が通って薄くなってきます。ヘラで抑えてみてしなやかな感じであればOKです。

で先ほど炒めておいた焼きそばをプレートに移して広げたら、

その上にお好み焼を載せます。

で、空いたところに油を引いて卵を入れてヘラで黄身を割ってお好み焼きの大きさになるように広げます。

久しぶりで感が鈍ったのか手早くできずに、卵がきちんと全体に回りませんでしたけどねw

卵はあらかじめ器に割っておいて軽く混ぜて流し込んだ方が良いかもしれないです。

で卵に火が通ったらひっくり返して、ソース塗ったら完成ですね。

で、ソース塗ってマヨネーズかけて、薬味散らして出来上がり。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。