栗おこわの作り方

栗の季節になったので栗おこわを作ってみました。

赤飯赤飯になるのが嫌だったので(色的に)、小豆の煮汁は薄めにして、

うっすら桜色程度の色が付いてるくらいです。

例年だとくちなしとか売ってんですが、なんか今年は売ってなかったんで、栗はそのまま使ってます。

しかも、いつもは蒸すんですが、蒸すためのふきんがアナーキーだったので、

今回は鍋で炊飯してみました。炊飯でも結構いけることに気が付いた34歳の秋の空。

期間限定!!送料無料、もちもちした「赤飯」、ほこほこした栗が入った栗おこわ

【材料】

栗適量・もち米3号・小豆適量・塩

【作り方】

小豆ともち米は水につけてしばらく放置します。最低2時間くらいは漬けてた方がよろしいかと思います。

蒸す時はもち米は一日漬けておきますのでね。

で、この後小豆を煮ていくわけですが、小豆を買ったら煮方は大体後ろに書いてあります。

まずあく抜きの為に軽く茹でて煮汁を捨て、その後5倍程度の水入れてコトコト煮ていけば良いです。

炊飯する時に熱が加わるので8割程度の煮え具合でOKです。

赤飯にする場合は煮汁を使って色を付けるので、煮汁は捨てないようにしましょう。

煮汁と水を混ぜて色を調節す出来ますんで、そこらへんはお好みで。

で、栗ですが、栗の剥き方は検索すれば沢山出てくるので好きなのでやってください。

俺の場合は、熱湯にぶちこんで3~5分程度茹で、そのまま放置してから、手で触れる熱さになったら剥きはじめます。

鬼皮(固い皮)は結構簡単に剥けますが、渋皮が超うざーい場合は、もう一回茹でて水につけておくことで若干剥きやすくなる気がします。

で全ての準備が出来ましたらば炊飯ぶっこきます。水の量は通常と変わりません。

ちなみに私の場合、酒や昆布や醤油なんかは入れない派です。そのままの味が好きなので。

この時に好みで一つまみ程度の塩を入れてもOKですが、後でも塩ふれるんで別に入れなくても良いです。

で炊けたら切るように混ぜて、

ゴマと塩(好みで)かけて出来上がり。

期間限定!!送料無料、もちもちした「赤飯」、ほこほこした栗が入った栗おこわ


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。