冬瓜と鶏肉の中華あんかけ激辛バージョンの作り方

冬瓜と鶏肉を煮たものに唐辛子の辛味を移した中華風の餡をかけた料理です。

唐辛子は生のものを3本使っています。

実はコレ以前中華料理屋さんで食べた、干豆腐と唐辛子の料理を応用しただけですw

激烈に辛いので、辛いのが苦手な人は唐辛子の量を減らしてください。

【材料】

生唐辛子3本・冬瓜・鶏モモ肉・中華スープの基(半練りタイプ)・生姜・ネギ・紹興酒

【作り方】

冬瓜はこういう感じでワタを取って皮を剥いて切っておきます。量が多いので半分か1/4を使う感じですね。

唐辛子は種を取って斜めに切っておきます。

冬瓜を下茹でします。下茹での時に味も入れたいので、生姜と中華スープの基を入れて茹でてます。

竹串がすっと通るまで茹でたらザルに上げておきます。

鶏モモ肉は一口大くらいに切って下茹でして臭みと余分な油を落とします。

鍋にゴマ油を入れ、ネギと生姜を炒めてから、下茹でしておいた鶏肉を炒めます。

鶏肉を軽く炒めたら、香り付けの紹興酒を入れ、茹でておいた冬瓜と水と中華スープの基を入れ煮ていきます。

で、全体に火が通ったら、具材だけを皿に盛り付けます。

別の鍋にゴマ油を引き唐辛子を炒めて香りと辛味を出したら、煮汁を入れ軽く煮詰めます。

で、水溶き片栗粉でとろみを付けて具材の上に餡をかけます。

出来上がり。見た目は辛そうじゃないのに食べると激烈に辛いという料理ですw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。