ハマチのヅケ茶漬けの作り方

ハマチの漬けの茶漬けです。

刺身が残って困っちゃった時に美味しく頂きたい時は、

新鮮なうちから漬けにして茶漬けにして食べる事が多いです。

福岡の正月はブリを食べるんですが、その時も結構刺身が余るので、

こういう風に漬けにしておいて、

翌日の朝食になってます(大体その後からもう呑んでるけどね)。

ハマチやブリは脂が結構あるので強めの味付けでも良いんですが、

鯛やヒラメなんかを使うときなんかはあまり味を入れすぎない方が良いです。

味の入れ具合は漬け時間や調味料の具合で変わるのでそこらへんはお好みで。

あ、酒やみりんは煮きって使った方がクセが無いので良いと思います。

酒の匂いも風味のうちだと思う酒呑みな人はそのままでw

【材料】

ハマチ・昆布・酒・醤油

【作り方】

大体夜漬けて朝まで経つとこういう感じです。

酒と醤油は1:1程度です。これに表面を洗った昆布を入れて昆布の味も出します。

昆布は刺身の下・真ん中・上という感じで挟みこむように入れると、まんべんなく味が染みて良いと思います。

でこんな感じですね。

これにゴマ・わさびなどを薬味として、熱々のお茶を上からかけて、

出来上がり。お茶漬けの時はちょっと塩を入れると美味しいですよ。

ちなみにお茶じゃなくて、一番出汁や魚のアラで取った出汁に塩で味付けして食べても美味しいです。

鯛茶漬けなんかは鯛の出汁が美味しいかも。鯛のアラを焼いてから出汁取ると美味いですもんね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。