ラタトゥイユの作り方

まぁ、ラタトゥイユとか聞きなれませんけど、簡単に言うと南仏の夏野菜の煮物です。

野菜から出る水分だけで煮るので水入れませんけどね。

茄子・ズッキーニ・ピーマン・タマネギ・トマト・にんにく・ローリエがあれば簡単に作れる料理です。

最近私の地元でもズッキーニとか売ってるので、夏になるとたまーに作ります。

多種の野菜を入れますから旨みが出るので、色々な料理の副菜で使えますしね。

最後に残ったら、挽肉とたまねぎ炒めて(入れなくても良いけどね)、

カレー粉(もしくは調合したスパイス)入れてラタトゥイユ入れると、

夏野菜のドライカレーにも変身してくれる便利な子です。

【材料】

にんにく・たまねぎ・ピーマン・ズッキーニ・茄子・椎茸(余ってたんで入れただけ)・ローリエ・トマト(ホールでもフレッシュでもピューレでも)

好みでコンソメなど

【作り方】

たっぷりのオリーブオイルでにんにく炒めます。

香りが出たらたまねぎ炒めます。

ズッキーニと茄子炒めます。

残りの材料入れます。ローリエもこの時入れますね。軽く塩・コショウして味を入れます。

ホールトマトやフレッシュなトマトを使うときは皮も種も抜けた方が良いです。

火を通しすぎると型崩れしますので、弱火で15分程度か好みの感じになったら、

味見して足りない味を足して火を止めて皿に移します。

鍋に入れたままだと余熱で火が通るのでね。

で、出来上がり。

鶏肉のグリルの副菜にしたり、

こげな具合で、

オムライスの具にしたり色々便利です。久々作ったら卵が破けたのはスルーの方向で。

こんな感じ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。