うどん

うちの場合、お昼はうどんとかパスタとか炒飯とか、そういう簡単なものが多いんですが、

うどんやそばの出汁は自分で作ります。大体うどん用スープとか使ったことないし。

出汁は昆布と鰹節でとってます。まぁオーソドックスな一番出汁ですね。

具は基本的に冷蔵にある物万歳系です。

【材料】

うどん出汁:鰹節・昆布・醤油(薄口でも濃口でも)・塩

【作り方】

鍋に水入れて鰹節と昆布つけておきます。

鰹節を水から少量入れてるのは、うどんの場合一番出汁だけだと味が物足りないので入れてるだけなんで、

まったくえぐみの無い出汁が良い場合は入れなくて良いです。

漬けておく時間は半日か1日あるとなお良いです。前の日の夜から漬けておくと良いですね。

時間が無い場合は、昆布がふにゃーんとなったら中火にかけて沸騰する前に昆布を取り出します。

で、火を止めたら鰹節を大量に入れて火にかけて沸騰する直前ぐらいで火を止めて漉します。

こんな感じ。これに醤油と塩で味付けしたらうどん出汁の完成です。ちょっと塩っぽいくらいが食べる時にちょうど良いです。

ここで味見して丁度良いくらいだと麺や具を入れたときに味がぼやけますんで。

醤油は薄口使った方が良いんですが、最近近所のスーパーに無添加の薄口醤油が売ってないんで困ってます。

大体アミノ酸とか色々入れすぎなんですよ基本調味料なのに。

出汁を作った時に使った昆布と鰹節は捨てるの勿体無いので、酒・醤油・砂糖で煮ておかかにします。おかゆに入れたり、ご飯や豆腐にのっけたり、たまねぎスライスやオクラと和えたりと色々使えるので便利ですよ。焼きおにぎりにもできるしね。

で、具材ですが、キノコ類は甘辛く炒めて使います。コレ福岡にある牧のうどんのしめじうどんのパクリです。今回はしめじとまいたけ使ってます。

丸天を使うときはお湯で油抜きして、温めた出汁に付けておきます。ワカメも同じ。

ネギは適当に切ってます。

乾麺の場合は一回茹でたら、流水でぬめりをとり、氷水で揉み洗いしてコシを出します。で食べる時に沸騰したお湯に入れて温めてからザルに上げて器に盛り、出汁を注いでトッピングかましたら、

こんな感じです。

先日作っておいた天カスも入れるとこんな感じ。

派生系で、甘辛く煮た揚げを載せてきつねうどん作ってみたり、

これまた甘辛く煮た肉とたまねぎで肉うどん作ってみたりしているわけです。

天カスとネギ・唐辛子でこんな感じですね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。