夏野菜の天ぷらの作り方

かぼちゃ・いんげん・茄子・ししとう・大葉・オクラなど、

夏の野菜はわりと天ぷらが美味しいものが多いのでたまーに作ります。

今回はゴーヤを使ったときに余ったワタがあったので久々に作ってみました。

これにゴボウ・まいたけ・椎茸・鳥ムネ肉をプラスしてます。

【材料】

天ぷらの衣:小麦粉(薄力粉)・卵・水

揚げるのは好みの材料で。

【作り方】

天ぷら粉というものを使ったことがないのでアレですが、小麦粉と卵と水で普通にカラっと揚がるの作れます。

水と卵混ぜてときほぐして、振るった小麦粉入れてサックリ混ぜてるだけですけどね。

色々なレシピがあると思うので詳しい分量はそちらを参照してください。

ゴーヤのワタはくり抜いたヤツをそのまま衣に付けて揚げるだけです。

油は170~180度くらいですかね。一気に同時に入れると温度下がっちゃうので、ネタはちょっとずつ入れていきます。

ネタの揚がり具合ですが、揚げてる衣からの泡の出具合で判断します。泡が少なくなったら水分飛んでる証拠なんで、揚がりが近いです。

衣の付け方ですが、大葉は片面です。椎茸も片面ですかね。

周りに衣の花を咲かせたい場合は、箸で衣をすくうようにして、左右に箸を揺らしながらネタに振り掛ければ出来ます。家で食べるだけだし、海老天でもないんで最近やんないですけどw

でこんな感じで出来上がり。あとは好みでめんつゆか塩・山椒で食べます。俺は塩が好きですね。

衣が余ったら天カスにして冷凍保存しとくと良いですよ。天カス作る時は、衣を一気に入れると水分飛びすぎて油が暴発するのでちょっとずつにしましょうね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。