生ウニ大量に頂いて困った時の対応策

我がクランのゲンコツ魔王、三陸の暴れ馬RUFFYさんから送られてきたウニでございます。

身がオレンジのも入ってたから、バフンとムラサキごっちゃになってんのかなと思ったら、

どうやらムラサキウニのみという事でした。

という訳で大変美味しく頂きましたので、「生ウニを大量に頂いて消費できないどうしよう」

というあまり無いであろうシュチュエーションに対応する内容でお送りいたします。

RUFFYさんありがとねー。

【材料】

生ウニ

【作り方】

さっそく調理するためにザルに上げて水気切りました。もちろんツマミ食いしてます。

まずはやっぱ生じゃね?ということでお昼ご飯でウニ丼です。

水気は切りましたが、ずっと浸かってたからちょっと水っぽかったですね。

軽く塩振って水気抜けば良かったです。まぁ、充分美味いけどw

大量にあったので、じゃウニのクリームパスタでも作るかということで、

水気を切ったウニを軽くバターで炒め、

生クリーム・牛乳・パルメザンチーズ・塩・コショウで味付けたソースを用意します。

まずは生クリームを入れてから、ソースの濃度を牛乳で好みの具合に調節し、沸騰手前くらいで火を止めてパルメザンチーズを振り、塩・コショウで味を調えています。

という具合なので、あまり火を入れない感じですね。

んで、ソース出来たら、

茹で上がったパスタを投入して、ちゃちゃっと混ぜて、

まずはオーソドックスにスパゲッティーニが出来上がり。

それだけだと勿体無いので、リングイネを使って

もう一品、パスタを作ってみた訳です。

ソースの絡み具合はこんな感じです。

リングイネは日本のうどんみたいな感じの太さで、濃い目の味付けに良く合います。

カルボナーラとかボモドーロとかまぁ色々使いますね。

ウニは裏ごししようかなとも思いましたが勿体ないのでやめました。

大人二人しかいないので、一日で消費できませんから、残りは塩ウニにしてみました。

保存重視であんまり塩をきかすと、なんか残念になるような感じがしたので、保存軽視の塩具合です。

水気を切ったウニに塩を混ぜ(ボウルに入れて混ぜると混ぜやすいです)、ザルなどに上げてからキッチンペーパー(リードに限る、弱いヤツだと破けます)載せて重しをし、水分を切っていきます。

塩の量としては混ぜ合わせた後にちょっと味見して「しょっぺー(塩っぽい)」というくらいです。

最初の方はだいぶ水分出てきますんで、下にボウル引いてザル載せて水気切るほうが良いかもしんないです。

で水分の出が少なくなってきたらキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で一日ほど放置します。

で出来たのがコレ。いやコレマジ美味いスよ。絶妙な塩加減で甘さ引き立って最高です。

ということでウニおにぎり。多分焼くと更に美味そうです。

で酒のつまみ。

海産物嫌いの嫁さんが珍しくヒットしたらしく「ウニ食べたい」とか言うので、ゴマと大葉とで混ぜご飯にしました。

炊きたてのご飯にウニと大葉のみじん切りとゴマを混ぜて、上にウニをトッピングしただけですけどねw

ご飯が炊き立てだと香りが良くでるのでこれは非常にオススメです。

折角大量にもらったんで、茶碗蒸しとか、ウニグラタンとか、魚介のウニソースとか、ウニ和えとか色々考えたんですが、「でもやっぱご飯と食べるのが一番美味いよねぇ」という、これでもかジャパニーズ発想でほぼご飯ものばかりですw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。