ボンゴレ・ロッソ作ってみたよ

ボンゴレですね。ロッソです。アサリが美味しい季節にはコレも毎回作ります。

トマトソース使っても良いんですけど、今回はフレッシュなトマトのみで作りました。

近所のスーパーで産直コーナーがあるんですが、そこのトマトが美味しいのでね。

俺の場合、ロッソの時はパセリじゃなくてバジルを使います。トマトにはバジルです。

味付けはアサリから出るスープと茹で汁の塩分あるのでほとんどやんないです。

ちょこっとコショウを振るくらいかな。

【材料】

あさり・バジル・トマト・にんにく・タカノツメ(好みで。俺入れないけど)

【作り方】

トマトを使いますんで、湯剥きして種取って、一口大くらいに切っておきます。

まずは、オリーブオイルにニンニク入れて熱してから、ニンニクが色付いたら砂抜きしたアサリを入れて炒めます。

アサリの口が開いてきたら白ワイン(なければ酒でも良いけど白ワインのほうが美味しいよ)を入れて蓋をして蒸します。

こんな感じ。ちなみにワイン入れると油が飛び散るので火傷しないように。強火でやってると引火して火柱立つので面白いですけどね。

「うは、ベギラマ」とか言って喜んでますが、換気扇のシートが燃えるんで嫁からはちょっと怒られます。

で、ベギラマ食らったアサリの口が完全に開いたら火を止めて皿に移します。炒めた油はそのまま使うのでアサリだけ移しておけば問題ねーです。

なぜ放置するかというと、パスタ茹でる時間があるので、アサリに火を通す時間を調節するためと、「貝殻の入っていないボンゴレなんてボンゴレじゃないわ!だけど貝殻多すぎるとウザいわね。」という信念のもと貝殻付きの飾り付けのアサリは何個か残して、アサリを貝から外したいからですね。

皿に移すのはトマト炒めるからです。

で、オリーブオイルでトマト炒めます。火がとおってきたら、

先ほどのアサリを投入し、パスタの茹で汁を入れて(1.7mmだったら5分くらい茹でた茹で汁)、ソースと乳化させながら火を通します。激しくがちゃがちゃ混ぜちゃうと貝からアサリが吹っ飛ぶので、フライパンを回す感じでやりませう。乾燥バジルもこの時入れてます。

でアルデンテに茹でたパスタを投入し、ちゃちゃっと混ぜたら、

皿に盛って出来上がり。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。