ボンゴレ・ビアンコ作ってみたよ

ボンゴレですね。ビアンコです。アサリが美味しい季節には毎回作ります。

作り方簡単ですしね。

味付けはアサリから出るスープと茹で汁の塩分あるのでほとんどやんないです。

ちょこっとコショウを振るくらいかな。

【材料】

あさり・パセリ・にんにく・タカノツメ(好みで。俺入れないけど)

【作り方】

ボンゴレ・ビアンコの時はパセリを大量に使いますんで(好みによるけどね)このくらい入れました。

まずは、オリーブオイルにニンニク入れて熱してから、ニンニクが色付いたら砂抜きしたアサリを入れて炒めます。

アサリの口が開いてきたら白ワイン(なければ酒でも良いけど白ワインのほうが美味しいよ)を入れて蓋をして蒸します。

こんな感じ。

アサリの口が完全に開いたらパセリを投入してちゃちゃっと混ぜたらちょっと放置します。

なぜ放置するかというと、パスタ茹でる時間があるので、アサリに火を通す時間を調節するためと、貝殻が入っていないボンゴレはボンゴレじゃないけど、貝殻多すぎるとウザいよね。という信念のもと貝殻付きの飾り付けのアサリは何個か残して、アサリを貝から外したいからですね。

で、パスタの茹で汁を入れて(1.7mmだったら5分くらい茹でた茹で汁)、ソースと乳化させながら火を通します。激しくがちゃがちゃ混ぜちゃうと貝からアサリが吹っ飛ぶので、フライパンを回す感じでやりませう。

でアルデンテに茹でたパスタを投入し、ちゃちゃっと混ぜたら、

皿に盛って出来上がり。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。