イワシの梅肉揚げ作ってみたよ

イワシの梅肉揚げですね。

イワシは多分一番好きな魚です。ナイス庶民ですね。イワシは栄養価が高く、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富な魚としても有名なんじゃないかなと思います。青魚は全部そうなんでしたかね?

「青魚は生臭くてイヤン」とかいうボケにはこの調理方を試してみてください。

■材料■

イワシ(大きめの方がいいかも・刺身用がオススメ)
梅干(梅肉)・しそ(ないならないで大丈夫)

■作り方■

まず魚屋さんとかでイワシを買ってきますが、イワシは体に点々のある真イワシを使います。真イワシは7つ星とか言われてることもあって、たしか将太の寿司でも出てきたような記憶がありますがスッ飛ばします。

この7つ星の明瞭なものは鮮度の良いものです。身も骨も軟らかい魚なので、包丁を使わずに手開きにします。手開きにしますと背骨と一緒に小骨もついて抜けるので便利です。

尾ひれはあった方が揚げたときに見栄えがいいので、尾ひれのところで骨を切ってください。

まぁ魚屋さんで頼んでもいいんですけどね。フライ用にしてくださいとか言うとナイス包丁さばきでやってくれますよ。

手開きにしたら腹の部分に苦いのが残ってますので、それが嫌いな人がいる場合は取り除きます。

で、臭みを抜くために適度に塩を振って10分ほどおいてから、余分な塩をくさみを水で洗い流してください。

んで軽く塩コショウしておきます。軽くね。

ここで梅干から梅肉をそぎ落とす訳ですが、そぎ落とした梅肉は叩いてペースト状にします。梅干にシソが入っている場合はそれも一緒に入れましょう。

それでは梅肉をイワシに塗っていきます。

こんな感じでまんべんなくぬりたくります。塗り終わったら元々頭が付いているほうから巻いていきます。巻かないと揚げたとき梅肉が飛び散るので、反抗しないで巻いてくださいね。

全部巻き終わったら、フライの準備をします。イワシの梅肉揚げは、お店によっては天ぷら系の揚げ方をしているところもありますが、フライのほうがうまいです。いや多分ですけど(笑)。

フライのやり方は小麦粉をつけて溶いた卵をつけて、最後にパン粉をつけます。間違えないように。間違えないと思いますけど。

んで揚げていきます。油の温度の目安ですが、お箸をつっこんで空気が出てくるとか、パン粉を1粒入れて揚がり具合をみるとかそういうやり方でOKです。油の温度が低いうちから入れてしまうと衣がはがれるので、ちゃんと温度を試して入れましょうね。パン粉を入れてすぐに揚がってきたら入れ時ですんで。火加減は最初は中火で途中は弱火、最後にちょっと強火にするやり方です。

んでこういう感じになります。

野菜とか添えて頂きます。そのままで食べてもいけますが、マヨネーズ付けても美味しいですね。ケチャップとかソースはやめましょう。マズイから(笑)。

梅の風味などで臭みがだいぶ消えるので、青魚嫌いな人がいる場合は一回作って食わせてみてくださいな。魚は新鮮なものを使ったほうが良いですよ。

イワシと梅干はすごく合うので、イワシの煮物をする時でも使いますし、イワシを半身にして梅肉を巻いて焼いても美味しいですよ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。