簡単オムライス作ってみたよ

え~、予想以上にトマトソースが余ったので久々オムライスなんか作ってみました。私の場合、いつもは鶏肉を使ってオムライスを作るんですが、今回は粗挽きウインナーが冷蔵庫で寂しく残っていたのでそれを使ってみました。ベーコンとかでも良いですし、基本的には好きなので構わないですね。今回のはオーソドックスにトマトとかケチャップベースの味ですが、中に入れるご飯をピラフ風に魚貝とコンソメ系で炒めたりしてオムライスにして、上からキノコなどを使ったバターと醤油などで味付けしたソースをかけてみるのもまた一興でございます。<

■材料■

ごはん・玉ねぎ・ピーマン・トマト・ウインナー・パセリ・卵2コ(お一人様)


■作り方■

まずオムライスのライスの部分を作るわけですが、トマトソースがあまったのでもちろんそれを使っています。

トマトソースに油分を結構含んでいるので今回はあまり油を入れてませんが、通常は肉と玉ねぎを先に炒めて肉に焦げ目がついたあたりでお酒を入れアルコールを飛ばしたら蓋をしてお肉に火を通す為に蒸したりします。

そこにコクと風味を出すためにバターを加えてからご飯を入れてほぐしていくという感じです。

んでその後にみじん切りにした野菜を入れて炒めて塩・コショウとケチャップで味を付けるという感じですね。

大体こんな具合になりますかね。トマトの味がちょっと微妙だったので酸味を加える為に冷蔵庫にあったプチトマトを5・6コ入れてみました。

で、でございますがオムライスを作るときに卵だけよりも彩りが良いので、パセリがあるときはいつもこんな感じで卵をといた時にパセリをその中に入れてしまいます。

オムライスに限らず卵料理の炒め物全般に言えることですが、卵には油を含ませた方がふんわりとするので結構油を使います。オムレツ系の場合はオリーブオイルとバター10グラムくらいを使いますかね。

フライパンを充分にあっためていないと卵ののびというか歯切れというかそういうのが悪いので、油を入れたら煙がちょいと出るくらいの熱さが良いと思います。

油をなじませたら卵を入れて手早くかき混ぜ、全体に伸ばしてからフライパンに当たっている部分(食べる時に表に出る方)が完全に焼けたら火を止めます。ココでフライパンの面が完全に焼けていないとご飯載せて裏返すときに破けることが多いので、きっちり焼いてフライパンの上を自由に卵が滑るかどうか確認しておきましょう。ご飯を載せる面はまだ白身が固まっていない状態がベストです。ご飯載せたときにちょっと固まりますからね。

んで作っておいたライスを温めてこんな感じで卵の上に載せてみます。

よくフライパンの柄を叩きながら自力でひっくり返すとかオムレツでもないのに無謀な事をしている人(例えば昔の私w)がいますが、素人はコレで充分でしょう。というかコレのほうが簡単でしかも綺麗にできますしね(笑)。

皿とフライパンを持ってひっくり返せば大丈夫です。

ひっくり返したら卵がそのまんまの円形の形をしていますので、スプーンなどでご飯の中に入れて形を整え、うえにケチャップとかかけたら出来上がりでございます♪

今回は凄くオーソドックスなオムライスの作り方ですが、洋食屋さんのようにデミグラスソースを使ってみたりとか、醤油とだしで和風にしてみたりとか、チリソースを使ってHOT系にしてみたりとか、アイディア次第で色々と作れる料理だと思います。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。