小アジの南蛮漬け作ってみたよ

うちの母方のおばあちゃんが良く作ってくれてた南蛮漬けです。子供ながらに南蛮漬けがおいしいなと思うのもアレですが、非常に好きな料理です。ていうか作り方適当なんであってるかどうかは微妙ですが(笑)。

基本的には魚でも肉でも同じだと思います。衣つけて揚げて酢に漬ける。これ最強(・∀・)

1時間漬けただけでもいけますが、2日漬けるとなお( ゚Д゚)ウマーです。2日漬けると骨が柔らかくなりますし、味も染みますんでね。

酒飲みながら作ってる場合は揚げたアジをつまみ食いするのもまた一興。

材料

【南蛮酢】

酢・酒・みりん・タカノツメ・醤油

分量はお好みで酸っぱいの好きなら酢多めです。甘いのが好きなら砂糖かはちみつ入れてくださいな。

タカノツメは必須だと心の中で思っています。

ピーマン・たまねぎ・にんじんの細切りを入れる定番系で作ってます。

【漬けるもの】

今回は豆アジです。小さい鯛でも鶏肉でも白身魚でも何でもいいと思いますね。美味しいと思えば(笑)

■作り方■

こんくらいの大きさの豆アジを使ってみましたYO

頭ごと食べるので血の部分を取り除きます。エラ・内蔵などですね。良く女性の人で「取るの気持悪い」とか言いますが、そんなのなれればどうって事無いので頑張りましょう。イカとかには良く小魚入ってますしね。

エラは左の画像のように魚のアゴのところを指でフンガーって開いたら見えますのでむしりとってください。

んで魚の穴のとこから包丁を入れて腹を裂き内蔵をとります。

アジのゼイゴ(骨骨した両面についてる固いやつ)は削ぎ落としておきます。

アジの下処理が完了したら、塩を入れた水などをボールなんかに貯めて、その中で血を綺麗に洗い流してザルかなにかに上げておきます。

水気を切ったら小麦粉・片栗粉を半々に混ぜた粉にゴマ(これは好みで)を入れ、腹の中にもまんべんなく粉をまぶして160度くらいのあぶらでゆっくり揚げていきます。

で作っておいた南蛮酢に揚がったアジをぶち込んでいきます。ひたひたにしてる場合はそのままでいいですが、あんまり南蛮酢を作ってない場合は両面ひっくり返しながらなじませるといいです。

んで1時間くらい経ったら出来上がり。

最初にも書いてますが、1日以上は漬けていたほうが美味しいような気がします。できれば2日かなとね。酒のつまみにもいいですし、おかずにもいいですね。今度鶏肉とかで作ってみようかなと思います。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。