えび玉丼作ってみたよ

うちの嫁さんに、昼ごはんで天津飯を作って一人で喰ろうてやったぜギコハハハと自慢して、今度はえび玉丼作ってみると言ってましたら、明日は休みなので昼飯よろすことか言われてしまった時に作ったえび玉丼です。

えび玉丼って天津飯作ったときに、えびも合うだろなと思って考えたんですが、結構メジャーな丼物なんですね。

天津飯みたいな呼び方あるのかと思って検索したらザクザク出てきてびっくりしましたよ。

今回の餡かけの味は和風+中華にしてみました。つーかコレ美味いっすよ。玉子好きな人とか、えび好きな人にはオススメできますね。

【材料】

えび・干し椎茸・白ネギ・玉子(1人2コ)

えびは殻を剥いて背綿をとりまして、片栗粉をまぶして汚れを洗います。んで、終わったら酒としょうがに付けておきます。

干し椎茸は前の日に作った大根の煮物に入れてましたが、ぶっちゃけこのためにいれてたようなもんなんで、それをみじん切りにして使いました。白ネギはみじん切りにしときます。

鍋を熱して油を引いたら、しょうがを入れ、えびを入れてしゃかしゃか炒めたら、白ネギと椎茸を加えてちょいと炒めて皿などにあげておきましょう。

具材を冷やす間にあんかけを作るんですが、コレは天津飯のところで書いているので画像は省きます。基本的には好みの味で良いと思うんですけども、中華色を強くしたいなら中華だしベース、和風にしたいなら昆布と鰹の一番だしベースみたいな感じで、それに醤油・オイスターソースなどの調味料を合わせてお好みにすると良いかなと思います。

今回は和風だしベースに中華だしの素をひとつまみ入れて、軽くオイスターソースをいれ、醤油で味付けしたものです。あ、みりんもちょっと入れてますね。あんはかなり強めにとろみを付けた方がご飯と絡んでナイスです。とろみが弱いとサーっと沈んでいきますのでね。

で、あんが出来たら、玉子を溶いて具材を混ぜ込みます。鍋を熱して油を多め引いてから、玉子を流し込み、油を包み込むように形を整えながら焼いていきます。あんまり火が強すぎると表面が焦げるので適度に火を通してください。中華なべを使う場合は、フライ返しみたいなのでひっくり返すと結構楽です。

で、コレが嫁さんの分。

で、こっちが私の分です。うちの嫁さんが玉子の半生ふわふわ系がダメなので結構カッチリやいてますが、私はふんわり系が好きなのでこういう感じにしてみました。

上にのってるのは大根の葉っぱの炒め物なんですが、ただあったからのせてみただけなんでスルーの方向でお願いします。

キレイに作るとなると玉子の仕上げが結構難しいかもですが、見た目気にしないなら全然OKだと思いますので、機会があったら作ってみてくださいな。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。