蛤の吸い物の作り方

蛤の吸い物ですねー。うち女の子ばっかりなんでまぁとりあえず。

娘は保育園に通ってて、そこでもおんなじようなの出るみたいなんですけど、まぁ一応ということでw

【材料】

蛤・花麩・緑のもの(三つ葉が良いと思います。この時は売り切れてたw)

酒・醤油・塩・昆布・カツオ節(好みで)

【作り方】

蛤ですね。地元産の蛤です。中国産の5倍くらいしますが、さすがに今の中国産は本土の環境考えるとちょっとねぇという感じなので。

で、一応砂抜き(アサリと同じで5%程度)しておきましょう。

花麩は水で戻しておきます。

出汁は水に昆布と、少量のカツオ節(パックや小さなザルに入れておくと取り出しが便利です)を入れてから、しばらく放置しておきます(6時間以上放置が一番良いと思いますが、30分程度でも十分美味しいです)。

で、火にかける前に酒少々と蛤を入れて口が空くまでコトコトと煮ていきます。沸騰する前に昆布とカツオ節は取り出しておきましょう。

うちがカツオ節を入れるのは昆布と貝とカツオ節のうま味成分が違うからで、より味の深みを出したいと思って入れてます。ですのでカツオ節はお好みで。

口が開いたら蛤を取り出して吸い地のアクを取り、塩で味を調えて風味付けに醤油をちょろっとって感じです。

これに三つ葉が入るとなお良いんですが、無いのでネギでw

蛤の吸い物とちらし寿司が鉄板なんですが、今回はなんとなくサーモンで手毬寿司も作ってみました。コレも鯛とか色々使うと綺麗で良いかも。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。