中野家餃子の作り方

gyouza2013_005

まぁなんちゃないんですが餃子です。入れるものによってちょこっと作り方変わりますが、まぁ大体一緒なんで興味がありましたら是非どうぞ。

あ、ちなみにココ何年かは皮も作ってます。慣れると簡単なので時間がありましたら皮も作ってみてください。市販の皮より全然美味しいんで。

【材料】

直径6cmの皮で23コ分くらい。皮は余ったら薄く延ばして焼いてなんかのせて食べても大丈夫なんでまぁ適当にw

餡:キャベツ200グラム・豚バラ肉100グラム・にんにく&しょうが小さじ1・鶏がらスープの素小さじ1・自家製めんつゆ大さじ1(醤油と酒と砂糖小さじ1ずつでも)・片栗粉小さじ1・水小さじ1・塩胡椒(少々)

好みでニラ1束or大葉20枚
大葉はスッキリ系、ニラはガッツリ系です。ニラの時はにんにく大さじ1でも良いと思います。肉の脂が少ないようならラードを足すとOKです。

皮:強力粉100グラム・ぬるま湯65cc・ラード小さじ1(ないなら油)・鶏がらスープの素少々

俺の場合は、皮の水分含有量は大体60~65%くらいです。いきなり全部混ぜないで50%程度を最初に入れたらあとは様子見ながら水を足してください。加水50%くらいの方が扱いやすいとは思うんですけどね。

【作り方】

時間があればまず餡を作ります(冷蔵庫でねかせるので)。時間が無い時は皮を先に作って、餡をねかせないで包みますが、できればねかせた方が良いので時間がある時に作りましょうw

キャベツはザク切りにしてから熱湯にぶち込み軽く茹でて握力フル出力で絞ります。あんまり力を入れると背中の筋を痛める場合があるので気を付けましょう(経験談)。

肉の倍量を茹でて絞ると、大体肉と同量かちょっと多いくらいになります。で、みじん切りにしておきましょう。

にんにく・しょうがはすりおろしておきます。

この日は大葉使ったんで細く切って水にさらしてみじん切りにしただけですが、ニラの場合は5mm幅とかに切ってから空煎りして香りを出します。水分が出ると思うのでそれは捨てておきましょう。

で、肉なんですけどね、ミンチ肉じゃなくてバラ肉使いましょう。そっちのほうが美味しいので。ちなみにシューマイもバラ肉使った方が美味しいです。

肉は冷凍していれば半解凍くらいの感じのほうが切りやすいです。生の場合はちょっと凍らせると良いかも。で、縦横に細く切ったら包丁で叩いて粘りをだしていきます。

で、材料を全部混ぜ合わせて冷蔵庫で放置。

で、次に皮作ります。まずぬるま湯にラードと鶏がらスープの素を入れて完全に溶かしてから、強力粉に入れていきます。水の入れ方は上にも書いてますが、いきなり全部混ぜないで50%程度を最初に入れたらあとは様子見ながら水を足してください。

あとはいつものように滑らかになるまでコネコネするだけです。ぬるま湯使ってるんでグルテンが出て若干固いと思いますが頑張りましょうw

で、出来上がったらラップして冷蔵庫で30分放置したら取り出して整形していきます。ただコレ慣れないと結構時間かかるんで麺棒で伸ばして型でくり抜いたほうが良いかもしれないです。

あと皮はスゲーひっつきますんで片栗粉の打ち粉を忘れないようにしましょう。水分量少ないとそんなことないのかもしれませんけどね。

で、餃子を包みながら油をひいたフライパン(テフロンが良いよ)に並べていきます。この時もくっつきやすいので間隔開けてたほうが良いです。

並べ終わったら火を付けて、餃子に焼き色が付くまで焼いていきます。こんがりと焼き色がついたらお湯を100ccほど入れて(羽付けたいなら小さじ1の片栗粉を溶いておきます)、蓋をして中火で蒸し焼きにします。

で、こういう状態で水がなくなってパチパチ言い出したらゴマ油を大さじ1ほど回しかけて、完全に水分が飛ぶまで待ちます。

水分が完全に飛んだら皿をのせて、フライパンをひっくりかえすと

gyouza2013_005

こんな感じで出来上がりと。

皮や餡のレシピは沢山あると思うので、なんか好みのものを見つけてください。ただ皮を自作したほうが全然餃子が美味しいよっていうのを伝えたいだけなんでw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。