油淋鶏(骨なし・衣なし)の作り方

油淋鶏作ってみました。蒸して素揚げするタイプで衣なし骨なしです。

本場の食べたことないんでなんとも言えませんが、揚げ物なのにさっぱりして美味しいです。

蒸す・揚げるでだいぶ脂分抜けるんでしょうね。

味見するのにソースをかけないで食べてみると、パッサパサのローストし過ぎな感じなんですけど、ソースかけて食べると激変(でもないかもしれんが)します。

日本式の油淋鶏とは全然違う感じですが結構好みでした。

まぁ、衣無しで作るとこんな感じになりましたよーという事でw

【材料】

鶏モモ肉・ネギ(青いとこ)・しょうが・酒

ネギ(白いとこ)・酢・醤油・砂糖・水・ゴマ油・唐辛子

【作り方】

鶏肉は常温に戻して塩をします。塩は肉の重さの1%くらいですがまぁ適当に。

ネギとかしょうがの薄切りをぶち込み、酒をふりかけて鶏肉を蒸します。

筋切り甘くてだいぶ縮みましたw

でこんな感じ。

これを低温の油に入れてじっくり揚げます。

砂糖・酢・醤油を同量混ぜてから味見をし、好みの味にすると良いと思います。体調によっても違うしね。濃かったら水で薄めると良いです。で、ネギとか唐辛子の薬味をぶち込んで、味が決まったら香りつけにゴマ油を少々入れときます。

で、鶏肉はこげな感じでパリっとなるまで揚げていきます。あとは皮目を下にして切り分けて、

ソースかけたら出来上がりと。

別角度。

肉の具合分かりますかね?

こうなんちゅーか水分抜けて繊維質強まった感じっていうか。しっかりとした噛み応えがあって美味しかったです。まぁ好みによるんでしょうけど。

油淋鶏っていうのは、油をかけて調理した鶏肉料理のことだそうで(油淋ってのが油をかけながら作る調理法の意味だそうで)、本来は鶏を丸ごと調理して、衣をつけずに皮をパリッとさせるように油をかけながら作る鶏肉料なんだそうです。

北京ダックのような感じで作る料理なんですかね。

最近じゃ中華料理店でも本来の油淋鶏を作る店は少ないそうで、それだけ手間かかって面倒臭いものなのかもしれないですね。

しかも日本人って唐揚げ好きだからお店にあっても出ないのかもしれないですね。

私は結構好みだったんで、今度は骨付きでやってみようかなと思いますが、唐揚げのジューシーな感じが好きな人はわざわざ作るもんでも無いかもしれませんねw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。