珍竹林の焼きそば食べてきたよ!

うほっ、20年ぶりくらいに珍竹林の焼きそば食べてみたよw

城南区の別府2丁目にあるお店です。

俺のソウルフードとも言って良い焼きそばで、小学生とかくらいの頃(現在37歳w)良く食べてた気がします。

実家が近所にあったんで、爺ちゃんとか来た時に良く出前取ってたんですよね。

ラーメンが食べたいのに、「ラーメンはダメ!焼きそばにしなさい」って母親から良く怒られていましたw

ちなみに俺はこの焼きそばを作れるようになりたくて試行錯誤していますが未だに作れません。

コレ風なものは作れるんですが、コレじゃないんですよねぇ。たぶん鉄板と手順だと思うんですけどね。

ほんとねー、おばちゃんが焼きそば作ってる時に横でガン見したかったですよマジでw

俺の中では福新楼の博多皿うどんと同じく、是が非でもマスターしたい料理です。間違いなく俺的にはキングオブ焼きそばです。まぁ、好みによりますけどねw

で、知ってる人には説明無用なんですが、もやしとネギと少々の豚肉と細麺のカリっとした焼きそばですな。

味は美味しいとしか書きません。気になるなら食べに行ってください。美味しいからw

現在のお値段は550円です。ただまぁ、女性が1人で気軽に入れるような店ではないですね。若い女性の場合だと彼氏に連れていかれたらドン引きしちゃう感じかもしれないです。

ですが、男性には結構な人気店らしく、店内はスゲー昭和のわびさびを醸し出して微妙にカオスな感じなんですが(変わってなさ過ぎてワロタw)、11時半に行ったにも関わらず既に1名お客さんがいて、俺の後にも1人入ってきて、更には電話で持ち帰り注文が入ってましたね。

おばちゃんが1人でやってたんで、持ち帰りの電話注文に殿様応対してるのが面白かったです。

「すいません、ちょっと今焼きそば焼いてるんで、どのくらいで出来るとかはお約束できません。全部終わったら焼き始めますんで、それまでお待ちください。ガチャ」

みたいな感じでw

ただ、おっちゃんがいなかったんですが、たまたまなのか体調を崩されてるのか分かりませんが、おばちゃん結構大変そうでしたね。

あと、おばちゃんがちょっと耳が遠くなってるみたいなので、オーダーが通りづらい時があるかもですが(俺3回w)、そんな時はにこやかにちょっと大きな声でオーダーしてあげてください。

なんかふと思ったんですけど、後継者いなくて無くなっちゃったらスゲーもったいないお店なので、そういう場合はどういうふうにすれば良いのかなーってちょっと考えてしまいましたねぇ。一蘭も始めはそうだったんだろうけどw

レシピとのれんを頂く代わりに、おっちゃんとおばちゃんには、きっちりと売り上げに対するフィーと最低限の保障をつけて、ガンガン多店舗展開する有能な実業家さんはいらっしゃいませんかね?

もしもお店を閉める決心をされた時に常連さんでそういう人いたら良いですねぇ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。