福建炒麺(博多皿うどん)の作り方

005

福建炒麺です。福建炒麺っつーのは、福岡の中華料理の老舗「福新楼」の博多皿うどんですね。

ちなみに博多で皿うどんというと、大多数の人がコレを思い出すと思います。餡かけ系とはちょっと違うんですね。

福新楼さんが動画公開してくれてるお蔭で、ほぼ満足の行くものが作れるようになったんでUPします。

技術や味付けが違うというのはプロとアマという超えられない壁の違いですw

UPした時は冷凍の通販やってたんですが、お取り寄せに変わったみたいです・・・・・(´Д`)

店頭のみ受付ってことだから配達はどうなのかな? サイトあるからそこから問い合わせてみると良いと思います。ちなみにFacebookもやってるみたいですよ。

【材料】

ガッツリの1人前・女性だと2人前くらいです。

ちゃんぽん麺1袋・オイスターソース小さじ1くらい(大さじだったかもしれないので足りない場合は味見の時に足してください)・鶏がらスープ400ccくらい・塩・コショウ・キャベツ・たまねぎ・にんじん・カマボコとか豚肉とかイカゲソとか海老とかの具・きくらげ・もやし1袋

【作り方】

まずちゃんぽん麺を油で揚げます。火加減は強火とか中火とかくらいです。コレがミソです、コレやんないとあの麺になりません。フヒヒヒヒ。

生麺を使う場合は蒸してから揚げる感じになるのかな。

大体こんな感じでカリッカリになるまで揚げます。結構時間かかるのでゆっくりと大人の対応で揚げていきましょう。

具ですね。野菜たっぷり系です。キャベツは若干幅のある細切りですね。

もやしはもちろん1袋。

鍋を熱して油慣らしをしてから肉炒めます。

根菜ときくらげ入れて炒めます。

キャベツ入れて炒めます。

でもやし投入して軽く塩・コショウ。

ひと炒めしたらスープ・オイスターソースを注いで野菜を端っこによけます。

麺ぶち込みます。

最初ほぐれないので若干アセりますが、そのうちほぐれるので大人の余裕で対応しましょう。

で、ほぐれて水分飛んだらしっかりと具と混ぜます。若干焦げ付きやすくなってるので手早くやりましょう。ちょっと油足すのもアリですね(風味付けにもなるので)。

で、味見して足りない味を補ってください。

麺はこんな感じです。

この具合を出すために俺がどれだけ苦労していた事か。

で皿に盛って出来上がりと。

こんな感じですね。


こっちはお野菜シャキシャキバージョンです。

何せ家庭用の火力では時間もかかるし、加熱のし過ぎでセンサーが反応して火が止まるし、両手鍋もってないので野菜もくったりになってしまいます。

そのような場合は、肉や野菜を先に炒めて別皿において、麺がある程度出来てから戻して最終的な味付けをするという方法もあります。

ていうか、一人前以上になるとそうしないと物理的に無理なんじゃねーかなとw

002

野菜と肉・魚介・蒲鉾系は先に炒めておきます。下味は軽く塩コショウな感じで。

003

麺の具合はこんな感じです。悲しいことにオイスターソースが無かったので、鶏がら&ホタテスープのもとで代用してます。塩系ですかね。

このくらいの麺の具合になったら、炒めた野菜などを戻し入れて炒め、味見して最終的な味を決めたら、少量のごま油を回しかけて香りづけ(化粧油といいます)をすれば完成です。

004

麺は大体こういう色になります。

001

で、こんな感じ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。