南瓜の煮物の作り方

なんで今まで掲載していなかったのか知りませんが南瓜の煮物です。うちのはチビ子×2用に本当に一口サイズ(2~3cm立法くらい)に作りますんで、火の通りも早いですし、弁当のおかずにも詰めやすいので便利です。

季節になるとしょっちゅう作るので掲載してなかったんですかね。

作り方はシンプルで、使う調味料は酒・醤油・砂糖を基本にして、はちみつ・みりん・昆布などを追加していく感じですかね。

最初に甘み、後で塩味を入れていく感じです。

簡単ですし、3日は食べれるので作り方覚えておくと便利っすよ。

【材料】

かぼちゃ(栗かぼちゃが美味しいよ)・酒・醤油・砂糖・はちみつ・みりん・昆布・水

【作り方】

かぼちゃはワタを取り一口大に切って面取りしておきます。面取りすることでしっとりと口当たり良く仕上がる気がしますんで出来ればやっておきましょう。

皮の厚いところなんかがあればそれも削っておくとなお良いです。

面取りした部分は冷凍しておいて、ある程度量が集まればポタージュなんかに使えるので捨てないように。

で、水から煮ていきます。かぼちゃがヒタヒタにつかるくらいの水に昆布を入れて火にかけて、酒・砂糖orはちみつをぶち込みます。

かぼちゃの大きさによりますが、中サイズの1/4程度の場合なら、調味料は甘味系・醤油・酒を大さじで1:1:1くらいです。

はちみつはコクと甘みを、みりんは旨みと甘みと照りを出すので、好みで分量を調節しましょう。甘味系は全部で大さじ2くらい入れても大丈夫です。

沸騰したらアクをとり、醤油を入れて蓋をしてから弱火で3~5分ほど煮ます。

先に甘みを加えて、後で塩分を加えるのは、塩分を先に加えると身が締まって味が入りにくくなるからです。

で、こんな感じですね。3~5分ほど経ったら、竹串なんかで固さを確認して、好みよりちょい固いくらいで(余熱があるので)火を止めて蓋をあけたまま放置します。

冷める過程で味が入っていくのと、漬けたままにしておくことでパサつくのを防止するって感じです。

柔らかめの仕上がりが良ければ蓋をしたまま放置したりしても良いですし、ホクホクが良いなら好みの固さに仕上げて、汁気を切ってから放置して味をなじませる感じで大丈夫です。

まぁ何回か作れば慣れると思います。

で、こんな感じで出来上がりと。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。