鯵とキュウリと若布の酢の物の作り方

鯵の焼き身を酢の物にしたものですね。まぁ鯵も季節終わりかけですけども。

鯵を塩焼きしたけど全部食べきれずに残しちゃったZEとか、鯵の干物を焼いたんだけど全部食べきれずに残しちゃったZEとかの時でも良いですし、普通に酢の物用に焼いた鯵(干物の方がクセがあって美味しいです)を使っても構いません。

ちなみに刺身でも酢〆のものを使っても美味しいので、まぁ適当にって話ですw

【材料】

キュウリ・若布・鯵・好みの合わせ酢

【作り方】

若布は適当に戻しておきます。

キュウリは縞目に皮剥いて塩振って板ずりしたら、スライスした後で塩振って、緑の水気が出たら水で洗い流して、しばらく水に漬けて塩を抜いたら固く絞って水気を切ります。

鯵は適当に身をほぐして使います。後はだいたいこんな感じ。

合わせ酢はちょっと多めに作っておくと、酢洗いとか出来るので便利です。

酢洗いっていうのは、酢の物の具にはどうしてもちょっと水気が残っているので、合わせ酢で和えた後に固く絞って合わせ酢を切る事で、水気を完全に切ってしまおうぜっていう日本料理の技法です(多分)。

で、器に盛って合わせ酢をかけたら出来上がりと。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。