蓮根と長芋の蒲焼の作り方

レンコンと長芋の蒲焼(蒲焼いてねぇけどw)です。

レンコンと長芋をすりおろして片栗粉を混ぜ、海苔の上にのせて揚げるんですけどね、もともとは豆腐・ごぼう・大和芋を使って作る普茶料理(もどき料理)の一種で、うなぎの蒲焼に似せた料理をアレンジしたものです。

いやなんかどっかの県だとレンコンの蒲焼が超メジャーらしく、レンコンはすりおろして揚げるとモチっとして美味しいですし、ちょうど材料もあったんでちょっとやってみた訳です。

山芋を入れてますし、タレ付けて焼いてる訳じゃないんで、蒲焼っていうにはどうかいなと思いますが、これはこれで美味しいですw

細かい分量は計ってないんでまぁ適当に作ってみてくださいw

【材料】

レンコン・長芋・海苔・片栗粉・秘伝のタレ(タレは好みで)

好みで卵なんかを混ぜても良いみたいですが、今回は精進系で作ってますので入れてません。

【作り方】

レンコンはすりおろして半分程度水気を絞ります。

長芋はすりおろして加えます。量的にはレンコンの半分くらいの量かな。まぁ適当に。

で、ある程度整形できるくらいになるまで片栗粉を加えて混ぜましょう(大匙1ずつ混ぜて具合を見ると良いと思います)。

で海苔を適当に切りまして、

具を一回りくらい小さくのせて、筋を入れてみます。これ面倒ならやんなくても良いですw

で、揚げます。

大体こんな感じ。

名古屋方式で、揚げたあとにタレに漬けてみたら味が濃くなったんで上からちょいとかける程度にしてみました。

蒲焼風にしたい場合は、タレと一緒に鍋でちょいと煮ると良いと思います。

で、こういう感じで出来上がりと。

タレでも美味しいですが、粉山椒&塩でも美味しいですね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。