イサキの煮つけの作り方

そろそろイサキが旬ですね。

イサキはやっぱり煮付けが最強だと信じております。

酒のつまみにも良いしね!

白身の魚の場合はこっくりと濃い目の味付けが好きなので、そういう感じに仕上げてます。

あぁ、緑のはたまたま山椒の葉があったのでw

【材料】

いさき(↑ので350gくらい)

煮汁:みりん50cc・醤油50cc・酒150cc・水150cc・砂糖大さじ2・生姜(必須)・長ネギの青い部分(あればね)

こっくりと甘めに煮たい場合は↓のレシピでやってます。筋肉料理人さんのレシピですね。

魚の重量100gに対して醤油大さじ1:みりん大さじ1:砂糖大さじ0.5~1:日本酒大さじ3:水大さじ3です。

醤油1:みりん1:酒4:水4ってな分量のレシピ(酒八方っていう基本のレシピ)もあったりしますし、色々好みもあると思うので、分量具合は適当に修正してください。

【作り方】

イサキ買ってきます。

下処理されていない場合はうろこを落としてエラ取って、腹かっさばいてから(時期によったら白子や真子があるので)鍋に入る大きさに切りましょう。

で、霜降り。これ鍋でそのままやっちゃってますが本当はザルとかにおいて回しかけるとかした方が良いです。この時ザルが無くてですね(笑)。

ちなみに↑の画像は沸騰してますが、霜降りする場合の温度は90℃くらいです(笑)。で、表面が白くなったら取り出して冷水に付けてぬめりやウロコを取り除きます。

鍋に煮汁を入れて生姜をぶち込み強火にかけて沸騰したら魚を入れます。

で、フタして強火で8分ほど煮たら(2分に一回くらい煮汁をかけてやると良いです)火を消して2分ほど放置します。

で皿に盛って煮詰めた煮汁をかけたら、

できあがりと。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。