スペアリブの中華風煮込みの作り方

八角を利かせたスペアリブの中華風煮込みですね。

丁度ローカル情報番組をぼ~っと見てた時に、

有名店のまかない飯紹介コーナーみたいなのがあってまして、

そこで作られていたのが美味そうだったんで適当に作ってみた訳ですw

娘も肉好きなので良いかなと思ったんですけど、

八角の香りがダメだったらしく「お肉いらない」と言われてしまいましたw

嫁さんには好評だったんですけどね。

【材料】

豚スペアリブ・大根・なんか余った野菜・紹興酒(無ければ酒)・醤油・生姜・にんにく・ネギ(青いとこ)

八角2カケ(香りが強いので好みでどうぞ・ちなみに子供さんには不向きみたいです)・五香粉(あったらね)

八角・五香粉入れないで作ると普通の和系の醤油ベースの煮込みになります。それはそれで美味しいです。

【作り方】

こげな具合、酒・醤油で漬け込みます。

ちなみにマスターキートンで読んでから、

あればですけどウイスキーとかバーボンを豚の唐揚げ系に入れるようになりました。

まぁ入れた事による味と香りの変化が分かっているかどうかは別としてw

で、こんな感じで馴染んだら、

ばちこーんと素揚げします。これは揚げて煮るっていう中華料理(多分そうだったかなと)の技法です。

まぁ、スペアリブは元々煮崩れにくいんでアレですが、これやると旨みを閉じ込めれますんでね。

揚げるの嫌な人は沸騰した熱湯にぶち込むのもありだと思います。

揚げる時に油が結構ハネるんで慣れてない人は気を付けた方が良いです。

出来れば中華鍋とかで少量ずつ揚げた方が無難です。

でこんな感じ。

大根は適当に切って下茹でして、おかあげしておきます。

おかあげっていうのは日本料理の技法で、大根とかを下茹でしたあとに、

ザルなんかに広げて放置しておくと、

水蒸気と一緒に水分が抜けて味が染みやすくなるっていう技ですね。

これ、おでんの時は、隠し包丁と共に必須項目なので知らなかった人はやってみてください。

染み込み全然違うから。

で、まずは味入れないで、野菜のきれっぱしと生姜・にんにく・ネギ(青いとこ)を入れた水と一緒に煮ていきます。

あ、酒も入れるかな。で、圧力鍋だと加圧して15分くらいです。

15分で軟骨も食えますがちょいと固いので、ホロホロにしたい場合は20分くらいかなと思います。

圧が抜けたら、肉と煮汁を鍋に移して、下茹でしておいた大根をぶちこみ、

酒・醤油・砂糖を加えて強火でギャン炊きしていきます。

煮汁を煮詰めて具材の周りにコーティングするので味付けはココで決めなくて大丈夫です。

なので最初は割と薄めです。酒大さじ2・醤油大さじ2・砂糖大さじ3とかね。

で、

こういう感じで煮詰めていく訳ですね。で、煮汁が無くなりそうになったら味見をして味を補い、

器に盛ったら、

出来上がりと。

余すことなくエキスを頂戴したかったので全部煮詰めて絡めてますが、

煮汁はある程度残しても良いですし、好みで適当にやってみてください。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。