アヒージョ(海老のスペイン風)の作り方

海老のスペイン風。一般的にはアヒージョって言われてるスペインの定番料理ですね。

たっぷりのにんにくを入れてオリーブオイルで煮る料理なんですが、これがまた何が美味いってこのオイルが美味い訳でして、カリっと焼いたバケット系のパンを浸して食べれば、それはもう酒(ワイン)のつまみに最高です。

ちなみにこのオイル、パスタに使えるので捨てないように。

一番最初にこの料理を食べたのは近所の居酒屋さんなんですが、頭と殻付き(だったような気がする)で出てきて、それがすっげー美味しかったのを覚えています。

子供が生まれてからは年に何回とかしか行けなくなりましたが(今はそうでもないがw)、行ってる時は週3とか通ってた居酒屋さんです。「家々」っていうお店なんですけどね。

大将は最初無愛想(というか人見知りらしいw)なんですが、実はかなり面白い人なので、イタリア系の料理とか好きな人にはオススメです。

人気ブログランキングへ

【材料】

オリーブオイル・にんにく・パセリ(もしくはバジル)・唐辛子(好みで)・海老

海鮮系や野菜なんかも好みで色々作れる料理です。

旬の魚介と野菜を合せて作ると美味しいよ。

【作り方】

海老は基本的に生で新鮮なのは入手しずらいと思うので、片栗粉を使って下処理しておきましょう。これで味が全然変わるので。

下処理の仕方ですが、皮剥いて、背ワタ取って、片栗粉と少量の水をまぶして汚れを取って、

汚れが出なくなるまで水洗いしてから、ペーパータオルなんかで水気を切っておきます。

で、具材がひたるくらいのオイルを鍋に入れてにんにくとバジル入れて風味を移します。

うちの場合3歳のチビ子も同じものを食べるので唐辛子入れてませんが、入れたほうが格段に美味しいです。

にんにくの香りが立ってきたら海老ぶちこみーの、

ひっくり返して両面焼きーので、

出来上がり。油使ってるので火のとおりは結構早いです。

あとは酒でも飲みながらツマむとよろしいかと。

付け合せに野菜などw

で余ったオイルで、トマトペーストとオリーブとパセリとかでパスタ作れます。

プッタネスカ風で結構美味いんですよ。海老の風味も効いてますしね。

2012/11/04追記

え~、最近タパスやらスペイン料理が流行っているようで、アヒージョで滅茶苦茶検索されているんですが、適当過ぎて申し訳ないんで、じゃぁ海老による違いでもレポートしようということで、色々と身近な海老を使って食べ比べしてみました。

↑の海老はブラックタイガーで、歯ごたえがある海老ですね。火の通し加減は余熱で中まで系なので固くは無いんですが、食感は結構しっかりしていると思います。

という事で、今回は入手しやすい海老2号のパナメイ(中サイズ)でやってみました。

基本的な作り方は変えてませんが、そういやスペインには片栗粉は無いだろうという事で、中華流の下処理ではなく、塩をまぶしてもんでから水で洗って水気を切る。という下処理に変えてます。で、下味で塩少々みたいな感じですね。新鮮な生海老ならそのまま使えますが、中々入手できませんしね。

オリーブオイルににんにくと唐辛子入れて弱火で香りを出して、にんにくの周りにふつふつと泡が出てきたらパナメイぶち込みます。

表面が赤くなったらひっくり返し、裏面もきっちり色が変わったら火を止めて余熱でOK。

で、こんな感じで器に盛り。

オイル注いで出来上がり。

パナメイの方が歯ごたえが少なくプリっとした感じですね。

で、次にパナメイ(小)でも作ってみました。

剥き海老で良く売られてますが、処理されてない殻付きのヤツの方が良いです。

で、殻剥いて下処理していつものように調理します。

ひっくり返して裏面に色が付いたら火を止めます。

で、こんな感じ。

まだ有頭の殻付試してないんでアレですが、入手しやすい海老だとパナメイ(小)が一番美味しいかもしれないです。

プリっとしてますけど柔らかい感じだし、一口サイズで丁度いいから食べやすいです。安いしねw

人気ブログランキングへ

 

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。

アヒージョ(海老のスペイン風)の作り方へのコメントは4件です。

コメントをどうぞ。