茶碗蒸しの作り方

茶碗蒸しですね。

火加減に気をつければ、すがたったりしないです。

急がば回れですな。

【材料】

1人分:卵1コ・だし汁卵の3倍量・なんか好みの具

だし汁:鰹・昆布でとった一番だしに醤油と塩と酒で味付け。干し椎茸を使う場合は戻し汁も使うとよろしいかと。

具材は基本的に全て下処理してから使います。

ちなみに卵3コで4人分出来ると思います。1人1コだとちょっと多いですw

具の具合や器にもよりますが、3人分なら卵は2コで、2人分なら1コでも良いと思います。

海老は殻むいて背ワタを取り、塩と片栗粉で汚れをとったら軽く下湯でしておきます。

鶏肉は塩を振って10分ほど放置して水洗いし、熱湯をかけて余分な脂と臭みを抜いておきます。

【作り方】

卵は溶いてから必ず裏ごししてください。

で、そこに三倍量のだし汁を加えてよく混ぜてから、

つっついて潰したり、すくったりして気泡を取り除きます。

だし汁は好みの具合によりますが、

俺の場合は吸い物よりちょいと薄めの塩加減にしています。

だし汁の量の加減で柔らかさが変わりますが、

卵の三倍量が一番スタンダードな感じになると思います。

卵の量がどのくらいか分かりにくい場合は溶いて裏ごしした卵を、

計量カップなんかで計ると分かりやすいです。

器が無いので焼酎グラスなのは内緒の方向ですが(焼酎グラスだけは沢山あるのw)、

器に具材入れて卵液流し込みましたらば、

強火でガンガンに湯気をたてた蒸し器に入れて、

1分~2分ほど経ったら、蒸気が上がる程度の弱火で13~15分ほど放置します。

蒸し器のふたはちょっとずらしておくとよろしいかと。

で、こんな感じで、竹串さして透明な液体出てきたら蒸しあがりです。

綺麗に作りたい場合は、最初に8分ほど卵液を入れて蒸し、

ある程度固まってきたところに、沈みやすい具や飾りにしたい具を入れると、

きちんと表面に具が出てきますし、深い器を使ったり、

卵液を入れすぎたりしなければ(卵3コ使ったら結構出来たので全部入れちゃいましたんでw)、

何もしないでも表面に具材出てくると思うので、そこらあたりは適当にやってください。

で、こういう具合でなめらかな感じに蒸しあがるという訳ですね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。