鯛の焼きアラ潮汁の作り方

えー、鯛のアラと昆布で出汁を取った潮汁です。

味付けは塩のみで吸い口は三つ葉です。

これを潮汁と言ってよいのかは微妙ですが、まぁそこらへんは適当に。

うちでは鯛は結構使う魚で、基本的には焼くか蒸してます。

娘も食べるので骨は全部外しますんで、

どうしても三枚おろしになりますから、いつもアラが残る訳ですね。

という事で大体こうやってスープ採って、味噌汁か潮汁か翌朝の雑炊になってます。

今回は塩振って臭み抜いて、霜降りして、

香ばしさを出す為に焼いたアラを使ってます。

【材料】

鯛のアラ・昆布・塩

【作り方】

まず鯛のアラに塩を振って30分ほど放置して臭みを抜きます。

放置している間に鍋に水を入れ昆布をぽいと入れておきましょう。

放置が終わったら水でぬめりを洗い流し、

ザルなどに並べて熱湯を回しかけます(熱湯にぶち込んで表面が変わるのを待ってザルに上げてもOK)。

で、魚を焼くグリルなんかで香ばしく焦げ目が付くまで焼いていきます。

で、昆布と水を入れた鍋に火をかけて沸騰手前までいったら、

昆布を取り出してアラをいれ20~30分程度コトコト煮ていきます。

あとは塩(と好みで醤油)で味を調えて、三つ葉など散らして出来上がりと。

シンプルで美味しいです。酒飲んだ後とかに「あー」とか言いながら飲みたい感じですw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。