鯛の酒蒸しの作り方

続いて鯛を昆布〆にして酒蒸しにしてみました。

あっさり風味の薄味仕上げです。

これ蒸した後に皮目をパリっとさせれたらもっと美味しい気がしますねぇ。

うなぎみたいに串で刺して蒸してから、

強火で皮目を焼ければ、いけそうな気がしないでもないですけど、

身が崩れそうですねw

【材料】

鯛・昆布・酒・塩

【作り方】

このくらいの大きさの鯛ですね。

うろこを取ってから捌いていきます。鯛のヒレが刺さると痛いので気をつけましょう。

で、全部捌いたらこういう感じになります。

アラには塩を振って30分ほど放置して臭みを抜き、

余分な臭みと塩分を洗い流して水気を切っておきます。

アラは出汁を採ったり、潮汁にしたり出来ますので捨てないようにしましょう。

鯛の半身を適当な大きさに切ってから、軽く塩を振って少量の酒をふりかけ、

ちょいと水に浸して戻した昆布に身の方を付けて昆布〆にします。

この状態で大体30分~1時間程度放置します。

で蒸し器で3分ほど蒸したら出来上がりですね。

蒸し時間は身の大きさによって変わりますが、

皮目に切り込み入れてれば大体3分~5分程度で火が入ります。

身の表面の色が変わったら火を止めて蓋をしたまま放置しておけば、

余熱で大体火が通ると思います。多分w

で、こんな感じですね。

薄味仕上げなので、鯛のアラで採った出汁に、

醤油・酒・塩で味付けしてとろみを付けて、あんかけにしても美味しいと思います。

ていうか何でやってないんですかねw


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。