鯛茶漬けの作り方

鯛の割と大きなのがあったので、買ってきてから色々と調理してみました。

今回は酒蒸しと鯛茶漬けと雑炊にしてみた訳ですが、

最初に鯛茶漬けから掲載してみます。

茶漬けですが、鯛のアラで採った出汁を使ってます。

三つ葉のせてますが、水菜とかかいわれとか春菊なんかでもよさそうです。

水菜と春菊を使う場合はさっと塩茹でしたほうがよさそうですけどね。

【材料】

鯛・昆布・三つ葉・ゴマ・わさび・自家製めんつゆ(なければ煮切った酒と醤油)

【作り方】

このくらいの大きさの鯛ですね。

うろこを取ってから捌いていきます。鯛のヒレが刺さると痛いので気をつけましょう。

で、全部捌いたらこういう感じになります。

アラには塩を振って30分ほど放置して臭みを抜き、

余分な臭みと塩分を洗い流して水気を切っておきます。

三枚にした後、半身は皮を剥いで刺身用に薄切りにしてから、

煮切った酒と醤油に漬け込んでおきます(うちでは自家製のめんつゆ使います)。

漬け込む時間ですが、薄切りであれば15分程度で大丈夫だと思います。

別に一晩漬けててもOKです。つまみ食いで味見しながら好みで色々試してみてください。

でアラで出汁を採るので、焼いていきます。

結構こんがり焼いた方が香ばしさが出て美味しいです。

で鍋に水はって昆布入れて弱火でコトコト煮ていきます。

大体30分程度でしっかり味が出ると思いますので、そこらへんは適当に。

アラに残った身は雑炊作る時なんかに使えますので、

丁寧に取り外して捨てないようにしましょう。

で、先ほど漬け込んでおいた刺身に、わさびとゴマを和えます。

ココは好みなので、あんまりわさび利かせたく無い人は和えなくて良いと思います。

先ほど採った鯛の出汁に塩・醤油で味付けします。

味付けの具合は濃いめの方が、ご飯と合わせた時に丁度良くなりますね。

お茶の場合でも、ちょろっと昆布茶や塩を入れると良いと思います。

でご飯の上(冷飯使う場合は一回洗ってぬめりを取ってレンジで温めると良いです)に鯛のヅケを並べて、

熱々の出汁をまわしかけ、

三つ葉とわさびをのせ、ゴマをふりかけ出来上がりと。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。