辛い麺の作り方

夏にはやっぱり辛い系ということで、バキ辛ラーメン作ってみました。

ただこういうのの場合は豚骨よりも、塩・味噌が好みなので塩と味噌を作ってみました。

まぁ作ったっつっても、生麺の味噌ラーメン買ってきて、ちょっとアレンジしただけなんですけどねw

インスタント系のものでも、ちょっとした手間かけると結構美味しく食べれますね。

ちなみにインスタントラーメン(サッポロ一番とか)でも、そのまま食べるより美味しいです。

【材料】

豚バラ肉・もやし・ニラ・唐辛子・にんにく・花山椒・豆板醤・コチュジャン

【作り方】

バラ肉は細かく切っておきます。ニラは適当な幅に切っておきます。

で、にんにくと唐辛子と細かく切った花山椒をゴマ油で炒めて香りと辛味を移したら、弱火でじっくり肉を炒めます。

で、もやしを入れて炒めたら、次にニラをぶち込み炒めます。

この時は炒める時にコチュジャンと豆板醤入れましたが、肉を炒めて野菜を入れる前に入れたほうが良いかもしれません。

辛さの具合は好みがあると思うので、調節してください。

でこんな感じ。

これだけでもおかずになりますね。

で、スープを作ります。塩の方は、イリコ・干し海老を水に付けて作ったベースの出汁に、

貝柱スープの基・中華スープの基(半練りの)・塩で味を好みの具合に調えてます。

麺を入れる場合のスープの味加減は、飲んでみてちょいと濃いなと思うくらいにしたほうが、

麺を入れた後に丁度良くなります。

で、好みのスープが出来たら、麺茹でて、麺が茹で上がったら盛り付けて、

先ほどのバキ辛の具をモリモリ載せて出来上がり。

混ぜ混ぜして食べるとこういう色具合になります。

でこっちは味噌ですね。味噌のほうが山椒との愛称が良くて美味しいかも。

味噌は元々付属していた味噌ラーメン用のスープのタレを、

干し海老とイリコと貝柱スープの元を入れた出汁で割ったのを使いました。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。