いとより鯛の酒蒸しの作り方

いとよりの酒蒸しです。

淡白な魚なので酒蒸しする前に昆布締めして味を入れてます。

【材料】

いとより・白ネギ・昆布・酒・塩・自家製めんつゆ(なければ醤油かめんつゆ)

【作り方】

まず、いとよりを三枚におろしてから中骨を抜き(面倒な場合はお店に頼むとやってくれると思います)、塩を振って10分ほどおいて臭みを抜いたら、水洗いしてからタオルなんかで水気を拭き取ります。

こういう感じで水である程度戻して酒をふった昆布の上に切り身を載せて、上からも昆布で挟んでおきます。

で、ラップかなんかで密閉して冷蔵庫で一時間くらい放置しておきます。一時間は放置してた方が味の入りが良いと思います。

んで、いとよりのアラで取った出汁をヒタヒタ程度入れて、蒸し器に入れて蒸します。切り身の大きさで蒸し時間変わると思いますのでそこらへんは適当に。

これはただ、いとよりの出汁を使いたかっただけなので(笑)、酒を振りかけて蒸しあげるだけでも構わないです。

で、蒸しあがったら皿に盛り、好みの味付けで食べましょう。

うちはどっちかってーと薄味なのでこういう感じですね。

今回のは、いとよりの出汁と自家製めんつゆを合わせたソース?に、

白髪ネギと生姜の細切りを薬味にしています。

白身の魚の場合は、アラでスープが取れるので二度美味しくて便利です。

ちなみにアラでスープを取る時は、血を取り除いて塩ふって放置して臭みぬいて、

熱湯にぶち込むか、かけるかしてから使います。熱湯を使う前に焼いたりするのもありです。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。