朝掘り筍沢山もらっちゃったよどうしようの巻

今年も4月の上旬に筍もらっちゃいましたので、朝掘りの筍を沢山もらっちゃったよどうしようという、あんまり日頃ないであろうシュチュエーションに対応するエントリーでも書きたいと思います。

いやーさすがにこれだけ筍食べると便通最高で困っちゃうねー(`┏Д┓´)

【材料】

アク抜き:米ぬか・たかのつめ

筍ステーキ:にんにく・しょうゆ・バター・筍

筍の煮物:筍・鰹節・酒・醤油・一番出汁

筍のバター醤油炒め:筍・バター・自家製めんつゆ・塩・コショウ

筍ご飯:筍・にんじん・好みで色々な具材・米・一番だし・自家製めんつゆ

【作り方】

筍は先っぽを切り落としてから、ちょいと皮向いたりして大きさを調節すると良いです。

で、お湯沸かして皮ごとぶちこみ、米ぬかとたかのつめ(あったら梅干かシソも)入れてアク抜きしていきます。

筍を金串(バーベキューに使うやつとか)で刺してすっと通ればOKなので、火を止めてそのまま放置して冷ましておきます。

ちなみに筍は掘ってから時間が経つごとにエグみが出るので、頂いたら早めにアク抜きしましょう。できれば速攻で。

で筍冷えたら皮剥きます。

筍って貰った時は巨大なんですが、皮向くとちょこっとになりますよね。

上の穂先の方は柔らかいので、薄味で煮物にしたり、そのまま食べたり、天ぷらにしたりして使います。

で、下の部分は結構固いので、しっかりめの味付けで煮たり、炊き込みご飯に使ったり、こういう感じでステーキにしたりします。

フライパンにバター入れてにんにくの薄切りいれて、切り込みを入れて塩コショウした筍をソテーして、

こういう感じで食べてみたりします。これ結構美味いです。

で、穂先は筍の味を前面に出した薄味の煮物にしたり、

小麦粉振って、衣を付けてから、

天ぷらにしてみたりして食べてます。

根元の方はこういう感じでしっかりめの味付けで調理したり(煮たものをバターとめんつゆで仕上げてます)、

炊き込みご飯にしてみたりします。

そういう知り合いがいないと中々頂く機会が無いでしょうが、処理されて売ってる水煮の筍とは全くの別物なので、何か機会があったら一度は食べて頂きたいと思います。

香りが全然違いますよ。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。