ポテトコロッケの作り方

ポテトコロッケですね。俺が小さい頃から大好きなおかずです。

じゃがいもをベースに、にんじん・たまねぎ・合挽肉・パセリ等を入れた中野家のオーソドックスなコロッケで、基本的には母親の作ったコロッケと同じ感じだと思います。

俺の手が大きいからなのか、俺の作るコロッケはいつのまにか巨大になりますw

【材料】

具材:じゃがいも・にんじん・たまねぎ・合挽肉・パセリ・ナツメグ・塩・コショウ

衣用:小麦粉・卵・パン粉

しっかりめに揚げたい場合(お惣菜系)は、小麦粉・水・卵を全部混ぜて固めの衣を作り、それをタネに塗ってからパン粉付けて挙げると良いです。こうすることで衣に厚みが出来るので、しっかりとした噛み応えが出ると思います。

軽めの揚がりが良い場合は、小麦粉→卵→パン粉でOKです。

【作り方】

ここ何年かで作り方が変わったんですが、皮を剥いて茹でると味が抜けるので、じゃがいもは皮付きのまま水から煮ていきます。

で、竹串がすっと通るくらになったらザルにあげ、温かいうちに皮を剥いてマッシャーなんかで潰しておきましょう。

ちなみに超熱いので、キッチンペーパーを三重くらいにしてそれを使ってじゃがいもを持って剥いていくのが無難です。

もしくは皮剥いて蒸すと良いです。にんじんも入れる場合は蒸したほうが良いですね。

後で具を混ぜ合わせた時に最終的な味見が出来るので、塩・コショウは軽めでOKです。

ちなみに、ポテトサラダを作る場合も皮ごと茹でるか蒸してます。皮付きと無しじゃ味は結構違うと思うんで、皮剥いて作ってた人は試してみてください。

で、じゃがいもを茹でている間に、フライパンにバターを引いて、みじん切りにしたたまねぎを炒めていきます。

玉ねぎがだいぶ透き通ってきたら、挽肉を入れて炒めます。

で、いい具合に炒まったら、軽く塩・コショウをし、ナツメグを少量入れてパセリをぶちこみ軽く炒めたら、火を止めて放置します。

後で具を混ぜ合わせた時に最終的な味見が出来るので、塩・コショウは軽めでOKです。

で、つぶしたじゃがいもとにんじんに、炒めた具を混ぜ込みます。

大体こういう感じかな。全部火が通っているので、この段階で味見をして、足りない味を補うと良いです。

で、成形して、フライを作る手順でコロッケを作っていきます。

で、揚げます。ポテトコロッケは全部火が通っているので、強火でカラっと揚げましょう。油の温度は180度くらいだと思います。

で、こういう感じでキツネ色になったらOKです。

小さい場合は扱いやすいですが、このくらいの大きさだと油から上げる時に結構重量感あるので、カス揚げみたいなのがあると便利です。それか穴の空いたレードル。

最近、同じものを食べれたりするので、娘用のミニコロッケ作ってみました。

で、好みのソースをかけて食べます。

うちの場合、おたふくソース・ウスターソース、トマトソース(かケチャップ)、マヨネーズが主流です。

ウスターソースをかけて食べると、とっても昭和なノスタルジーが漂います。

中の具合はこういう感じですね。

昔は顆粒のコンソメなんかを少量入れたりしましたけど、塩・コショウ・ナツメグで調味料は充分だと思います。

そのままじゃなくてソース類もかけて食べますしね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。