赤目芋の煮付けの作り方(薄味)

なんのこっちゃないですが、赤目芋の煮付けです。

やっぱり冬が旬なので味も濃くて美味しいです。

最近は近所のスーパーでこういう野菜を売ってるところがあるので、

食材大好きな俺としては本当に嬉しい訳です。

下茹でした跡に、出汁で煮ただけなんですけどね。

こういうものを使う場合は、素材の味を楽しみたいので、

基本的にかなり薄味な仕上げになってますんで、みりんは使わないです。

【材料】

赤目芋・酒・醤油・昆布・水・塩

【作り方】

1:赤目芋の皮を剥いて、剥けた芋から水にさらしておきます。芋の大きさがバラバラの場合は煮る時間がバラ付きますんで、大体同じ程度の大きさに切っておきます。

2:30分ほど水にさらしたら、ザルにあげて水洗いし、鍋に水を入れて赤目芋を入れて弱火でコトコト煮ていきます。

3:しばらく煮て(大きさで変わるので)、竹串などで煮え具合を確認し(スッっと串が通ればOKです)、ザルに上げておきます。

4:鍋に水をはり昆布を入れ、酒・醤油・塩を好みで入れて沸騰させ出汁を作ります。画像の出汁の具合を見てもらえると分かると思いますが、醤油も酒も香り付け程度に入れてる感じですね。あとは昆布の旨みと塩で味を引き締める感じですかね。

5:出汁が出来たらそこに下茹でした赤目芋をぶちこみ、弱火でコトコト煮込みます。既に下茹でしてますので、5分程度煮たら火を止めて冷まし、芋に味を染み込ませます。

6:で、出来上がり


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。