天津飯の作り方

天津飯ですね。

以前作ったバージョンではなくて、一旦調理した具材を溶き卵に入れてかに玉を作り、和風の餡をかけた感じで作ってみました。

【材料】

カニ・長ネギ(白いとこと青いとこ)・干し椎茸・卵2コ(1人分)

餡:干し椎茸の戻し汁・自家製めんつゆ(酒・醤油・みりん)

【作り方】

活きカニだったので焼いてほぐしておきまして、ネギと戻しておいた干し椎茸を細かく刻んでおきます。

で、卵を溶きまして、具材を混ぜておきます。

この時点で干し椎茸の戻し汁に、めんつゆか酒・醤油・砂糖・みりん等を加えて加熱し、餡の基を作っておきます。

餡の分量は好みがあるので味見しながら決めると良いと思います。

ちなみにかに玉を作る前に丼にご飯をよそっておくと良いです。かに玉はすぐに出来るんで。

中華鍋を温めて大目の油を引き、油を包み込むようにかに玉を作っていきます。

使う油はゴマ油が良いと思います。

ご飯をよそった丼に、かに玉を載せたら、餡を加熱して1:1程度で作った水溶き片栗粉で強めのとろみを付け、

うりゃーっとかに玉の上に載せましたらば、

出来上がりと。「卵を炒める料理の時は油をケチるな」が座右の銘です。

油しっかり入れないとふんわりならないんですよね。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しとります。美味そうじゃねぇかよと思った方はクリックでも。